--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/05/16 Tue 22:34 日記
突然ですが、
大学センター試験の見直しがニュースになっていますが、これはどうかなぁって思いました。

特に英語の変更点として
①スピーキングとライティングを採用した内容に変更。
②センター試験では実施せず、民間の試験機関を活用。
ということらしいです。

なにが反対かというと、どんだけ教育にお金をかけれるかがすごく影響しそうだからです。
完全にリアルマネーでの戦いになってしまうと思います。

今までの英語の試験問題では、参考書を買うお金があれば家で夜な夜な受験勉強で頑張れば点数が取れるものだったと思います。
最近の公立高校の英語授業のレベルはわからないが、スピーキングに関しては、私立の英語教師がいっぱいいるようなところとか、リアル英会話教室に行ける人、小さいころから英語に触れている人だけが高得点をとれる構造になってしまいませんか?
学校で教えられるレベルの試験であるべきで、「R」と「L」の発音ができてないから減点とかになったら、目も当てられない。

どうしてもやるなら、
① 民間機関内で差が出ないように、受験生用の特別な試験を設定する。(現行の英検や、TOEFLの活用はだめ。「絵をみて思いついたことを言う」なんて超ナンセンス。あんな試験は会話好きかや、発想に依存しすぎ。日本語でも何言ったらいいかわからん。)
② 点数化のハードルはとても低くする。(帰国子女は100点、言葉に詰まるようだと50点とかだと差が付きすぎ。難易度は最低限でよく、どこの公立高校でも教えられるレベル。国によって発音が異なるネイティブよりも日本人が判定をしたほうがいいと思う。)

英語を話す必要はないとはいいませんが、それが点数化され、大学入試の合否に関係するというのは反対。

そもそも英語は、他の教科とは違う。単なる手段でしかない。
英語ができるひとが優秀なのか? じゃあアメリカ人は全員優秀だ!

英語力は、世界が広がる大学に入ってからでも、意識次第で全然伸びるはず。
(逆に、大学入って頑張って数学ができるようになるか?)

と、ここまで書いたが、「共通試験で課す」ということを踏まえて、従来の文法のみの英語じゃなくて、話すことも意識しようねという動機にはなるので、方向性としておかしくはないが、過度に高度な英会話能力を求めないように祈る。
スポンサーサイト
2017/01/29 Sun 12:49 未分類
これまで、特段深い見識があるわけではないが、高校生で理系を選択して以来、分類上、理系として生きてきたわけである。
だからといわけではないが、神とか仏とか天国とか地獄とかUFOだとか幽霊だとか、一般に科学で説明できないものに対しては、理系の人が共通していうような「そんな非科学的な」といってきたわけである。
そんな私でも、妻とともに神社の厄払いに行く機会があった。祈祷料を払い、神主さん?らしき人に、厄をお祓いしてもらうのである。
物理的な意味はない。
だが、そこにはやはり意味があるのだ。と気付かされた。
人は一人では生きられないとはよく言ったものだが、それは他の人間と支え合って生きているというように解釈をしていた。だがそれだけではなく、人にはどうにもしようがないことがあるのだ。人の死は、ある程度、科学で防げるのかもしれない。ただ、人の死を悲しむ人間の気持ちを科学では救えないのだ。
今より科学が進歩していなかった時代においては、天候や飢餓との戦いもあり、より人知を超えたものに、心の安らぎを求めるのは当然だっただろう。
生きるって辛いなと思うことは当たり前なんだ。生きるって大変なんだ。だから心の拠り所を神や仏に求めることは、なにも間違っちゃいない。
そうやって少しでも心を軽くして、また明日からも生きていこう。
2016/10/15 Sat 19:17 未分類
働くとはなんだろう。

ただ単なる労働力の提供であれば、こんなに苦しむ必要ないのに、
やりがいだとかプライドだとか余計なことを考えてしまう。

ただ、言えることは、自分は道を間違えたということ。
もう元には戻れないのだけれど、どうしたら戻れるのかを考える日々。

自分にとって働くとは、その答えを探す日々。

20150619_104133883_iOS (2)


2016/08/25 Thu 19:09 日記


今日は夜18:54分発のバスに乗って家に帰る。なんだか毎日定時帰りだと、なにか、世の中に悪い気がして少し気が引けてしまう。とはいえ、定時以降にやる仕事なんてなく、図書室で本を読んで、今日乗ったバスまでの時間を過ごしている。
今日はマイケルブースの「英国人、日本を食べる」という欧州人から見た日本の食文化を語る本を読んでいたわけであるが、この本が巷にあふれる日本への賞賛と驚きを薄っぺらく書いたものではなく、痛烈な辛口なコメントをも同時に日本食に対する知識にあふれる内容となっている。これについては、また機会を見つけて書きたいと思うが、こういった本を読む作業により、日々の淡白な仕事へのスパイスとさせているのである。
2016/06/12 Sun 15:59 日記


まぁもういいよね。
今の会社でやることはいっぱいあるけど、もういいよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。