2010/07/08 Thu 20:00 OLYMPUS | 写真 |
久々のお城ブログです。このブログの路線はブレブレですが、気にしない気にしない。

岸和田

和泉岸和田6万石の城、岸和田城。別名、千亀利城(ちきりじょう)
岸和田といえば「だんじり」しか思い浮かびませんね。

大阪の難波から、南海電車で30分ちょい。
岸和田駅、もしくは蛸地蔵駅から10~15分ぐらいかな。

城主は岡部一族の方々ですな。マイナーです。。。
岡部元信という名前は信長の野望にも出てきますがね^^


岸和田

天守は復元で展示場になっていますが・・・・
展示物がポツリ・ポツリ・・とおいてあるだけの寂しい感じでした。

wiki等によると、この城は「紀州藩の和歌山城の監視の役割を担っていた」とありますが、
岸和田城の展示によると、大阪防衛に力を入れていたと書いてありましたね。詳しいことは続きで。

にほんブログ村 写真ブログへおねがいします♪
... 続きを読む
スポンサーサイト
2010/05/10 Mon 23:13 OLYMPUS | 写真 |
GWに行った和歌山城です。

大阪難波から、特急で1時間弱。
関西空港を南に20Kmほど、山を越え、川を越えたあたりに和歌山城があります。別名・虎伏城

P5021083

徳川御三家の一つ、紀州徳川家55万石の城です。
残念ながら戦火にて焼失したため復元です。昭和32年復元。
復元ですが、なんだか古い建物でした、天守閣からつづく多聞櫓のなかにも入れます。
なかなか立派です。

P5021091

八代将軍 徳川吉宗・十四代将軍 徳川家茂は紀州徳川家出身です。

吉宗といえば「享保の改革」ですが。。。勉強不足です。目安箱とかみたいですね。

徳川家茂(いえもち)は幼名・慶福(よしとみ)ですね。
最後の将軍・徳川慶喜の一代前の将軍です。おととしの大河ドラマの篤姫でも、慶福と慶喜の後継者争いがありました。
今回の龍馬伝ではどうだろう?。慶喜(演・田中哲司)が目立ちすぎ笑

P5021078

和歌山という土地はそんなに重要な場所だったのでしょうか。
雑賀衆のような、反政府の集団が多かったのでしょうかね?
「雑賀孫市」の文字は市内で一か所だけ見かけました。

P5021111P5021074

にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ
にほんブログ村←よろしくお願いします。

和歌山城
「和歌山城が築城されたのは天正13年(1585)にさかのぼる。紀州では雑賀衆、根来衆といった鉄砲集団が勢力を持っていたが、こうした武力集団を倒し、紀州を平定したのは豊臣秀吉だった。紀州平定で軍功をあげた弟・秀長に紀伊・大和を与え、和歌山城を築くよう命じ、藤堂高虎を普請奉行に任じた。

こうして完成した和歌山城だが、秀長は大和郡山城を居城とし、城代として桑山重晴が和歌山城に入城し、城の管理にあたった。

慶長5年(1600)に関ヶ原の合戦が勃発。徳川家康率いる東軍で戦功をあげた浅野長政の嫡男・幸長が37万6000石で紀伊に入封。浅野氏は2代19年間にわたって在城した、広島城へと移封となる。

浅野氏に代わって、元和5年(1619)に55万5000石で和歌山城に入封したのが徳川家康の十男・頼宣であった。徳川御三家紀伊徳川家の祖である。
以後、和歌山城は紀伊徳川家14代の居城として明治維新を迎える。ちなみに8代将軍徳川吉宗は紀伊徳川家5代藩主、14代将軍徳川家茂は紀伊徳川家13代当主だった。
2010/04/28 Wed 20:00 OLYMPUS | 写真 |
岡山城。別名。烏城

3月22日に行ったときの写真です。

黒さと、正面から見たときの平べったさが特徴の岡山城。
内部は資料館になっていますが、部屋もやっぱり細長かったです。

行ったときは特別展をやっていて、普段よりも料金が高いうえに、
その特別展の内容が「長州、京都、そして岡山」みたいな幕末特集でした。

ん?岡山???

テレビ局らしきカメラを持った人が来てましたが、竜馬の写真のパネルやら、土方歳三の刀やらを撮ってはりましたよ。

小早川秀秋は関が原の戦いの後、岡山に入ってます。
優柔不断、裏切りの将として汚名?を背負って現代まで伝わっていますが、岡山でのわずか2年で死去するまでの統治は悪いものではなかったようです。

2年という短い期間でなくなってしまったために裏切り者の結末みたいなイメージが植えつけられていますが、秀秋が長生きし、子供ができていたなら、ひょっとして今のような評価になってなかったのかもしれませんね。


岡山城

P3220770


P3220763
2010/03/18 Thu 01:12 OLYMPUS | 写真 |
彦根城。別名・金亀城
現存12天守のひとつで、国宝四城にも数えられています。
彦根城

彦根は東日本と西日本の境目にあたり、京都へも近い重要な場所です。
付近には、賤ヶ岳、長浜、姉川、関ヶ原、安土、と聞いただけでもゾクゾクするような地名が並びます。

そこを任されたのが、徳川四天王の一人・井伊直政。
その後、井伊家は転封なく江戸時代を通して彦根を治め、幕末には大老・井伊直弼を輩出します。

そんな彦根城といえば、天守閣のさまざまな破風。(三角の屋根というか飾りというか。。それです。)

現存のなかでは最も多くの破風に飾られています。
(でも、個人的にはあんまりかっこよくないんですよね…)

井伊直弼開国150年祭の展示もしてました。
井伊直弼は幕末に欠かせない人物ですけど、英雄でもないし、暗愚でもないし、悪役でもない微妙な人ですよね。
歴史的には開国で間違ってなかったはずなんですけど、どうも親しみがない。
彦根城3 彦根城2

「ひこにゃん」って赤い兜をかぶってますよね。
あれは、井伊直政が「赤備え」と呼ばれる武具を赤く統一した部隊を率いたことか来てるんですよ。

ちぐはぐですけど終わります。
にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ
にほんブログ村←よろしくお願いします。
2010/02/25 Thu 01:07 OLYMPUS | 写真 |
長浜城天守閣の展望台から見た琵琶湖。

この日は天気も良くてよかったが、ものすごい風だった。。
biwako


にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ
にほんブログ村←よろしくお願いします。


以下雑談
今日は異様に暑かったですね。ごろごろしてしまいましたが…。

こんな昼下がりを過ごせるのも、実験設備が壊れてしまってたおかげです。
しかし…。あんなに苦労して実験準備したのはなんだったのだ~!怒
と叫んでしまいそうになります。

せっかく土曜のナゴヤドームでのオープン戦のチケットを取ってたのに…。
まぁ行きますけど。