--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のプロ野球のドラフト。
大注目の花巻東高校。菊池投手。

西武ライオンズに決まりましたね。

メジャーか日本プロ野球かと大騒動になりましたが、結局日本でするとの決断。

本人が決めることなので、いい悪いは言えませんが、制度的に問題が浮き上がってきてましたね。

ちゃんと日米でのルールも定めるべきだとも思います。

しかし去年の田沢投手がレッドソックスにいってからこんなルールを作りました。

日本のドラフトを拒否してメジャーに行った場合には、もし日本に帰ってきたとしても、高校生は3年、大学社会人選手は2年、日本のプロ野球球団とは契約できない。

なにを考えたらこんなルールを作るのでしょうか????

現在の状況で野球選手の海外流出は止められないでしょう。

それならいっそ、海外に行きたい人はどんどん出してあげたほうがいいんじゃないですか?

選手が出て行くか行かないかというより、魅力的な球団運営、魅力的な日本プロ野球の在り方があると思います。ファンから見て日本プロ野球が魅力的であれば興行として成り立つと思うんですがね。それはけっしてメジャーと対立する構図ではないと思います。

どちらをとるのか、ではなくどっちもありになってほしいです。
メジャーと日本。うまくやっていけないですかねぇ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jino0319.blog96.fc2.com/tb.php/2-f19f4e1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。