--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Wii用ゲームソフト・戦国無双3の感想・解説のページ

稲姫の章
徳川家康家臣・本多忠勝の長女であり、徳川家康の養女でもある稲姫。
つまり超優良血統の娘さんであります。
稲

前作よりスカートが短くなり、最近はやりのレギンスをはいて登場!
弓使いなので、遠距離でも楽しめます。

かなり男勝りな姫だったようで、肖像画も鎧を着た姿で描かれているようです。

••第一話:三方ヶ原の戦い(稲-1才頃)
まだ稲姫が生まれる前の物語。
甲斐の虎、武田信玄が上洛すべく徳川の領地に攻め入ります。

ムービーは、真田幸村と同じか!っと思わせておいて、少し違うバージョン。
こういう違う側面からみた同じ場面というのは個人的に大好きです。

ここでは幸村との出会いですね。
家康のために命を顧みない武士としての生きざまを見せ付けられます。
幸村真田幸村
••第二話:上田城の戦い(稲12才頃)
今度は真田家の領地に徳川が攻め入ります。

のちに夫となる真田信之とも戦います。
史実では、真田昌幸の策略でメタメタにされ、あえなく撤退します。

史実どおり味方武将は、忠勝 と 家康 以外はすぐに敗走しますね><

第三話:小田原征伐(稲17才頃)
真田信之(幸村の兄)に稲姫を嫁がせることで、徳川家は真田家を取り込みます。
ちなみに婿選びをする時、並んだ男達のマゲをつかんで一人一人顔を上げて見て回ったとか、回らなかったとか。

義弟と義姉となった幸村と稲姫。
仲良く敵将の撃破競争をしてますね。甲斐姫 やら くのいち やらでだいぶ騒がしいですね。

••第四話:沼田城の戦い(稲27才頃)
豊臣の世で一時の平和が訪れますが、それもつかの間。

石田三成と徳川家康で天下分け目の関ヶ原の戦いが始まります。

義父・真田昌幸と義弟・真田幸村は西軍についたため、またしても幸村と戦うことになります。

ちなみに真田昌幸の妻は 石田三成 の妻とは姉妹、真田幸村の妻は 石田三成 の親友である西軍武将・大谷吉継 の娘でした。
真田親子三人は、関ヶ原ではそれぞれ妻の出身の陣営に味方した訳ですね。

また、真田家 が 東軍 と 西軍 にわかれたために、どちらが勝っても生き残るという策を選んだとも言われています。

「孫の顔を見たくて寄った」という昌幸に対して、「もはや敵同士。義父といえど城に入れるわけにはいかない」と追い返したと言われています。

実際、沼田では戦いは起こらず、上田城に徳川軍が押し寄せ「第二次上田合戦」が起こります。

関ヶ原の後、本多忠勝 の訴えにより 昌幸・幸村 の命は救われ 紀伊・九度山に追放されます。
しかし稲姫は 昌幸・幸村 に仕送りをし続けたりもしていたようですね。
忠勝本多忠勝


••第五話:大坂の陣(稲42才頃)
幸村に平穏に暮らしてほしいと願う稲姫ですが、武士としての意地を貫こうとする幸村は大阪城に入ります。

「生きて!幸村!」

そんな願いもむなしく幸村は、最後の花を散らせることとなります。
(同時に加藤清正の悲しい最後も。)

夫・信之と真田家は江戸時代を生き抜いていくこととなります。

ちなみに信之は元の名を「信幸」と書きます。
父や兄と東軍・西軍で別れなければならなったとき、その決別の決意を示すために「信之」と改めたと言われています。

他の戦国無双3のページはこちらから
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jino0319.blog96.fc2.com/tb.php/39-b8d854ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。