--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/23 Tue 21:54 OLYMPUS | 写真 |
こんばんわ^^ ちょっと更新間隔が空いてしまいました。。。
思いがけず一息つけたので更新します。

長浜城


長浜城1

琵琶湖の東岸の北のほうに長浜はあります。

戦国期には、羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が織田信長の家臣だったころ、初めて信長から貰った城が長浜城です。

その後、司馬遼太郎著「功名が辻」や大河ドラマでも取り上げられた山内一豊と千代の城になります。

ちなみに来年の大河ドラマもこの辺りが舞台になりますね。琵琶湖東岸は戦国好きにはたまらない地域になってますね^^
長浜城2     長浜城3

ちなみに外観も小さな城で江戸時代には取り壊されてしまったので、現在は復元の資料館になっています。

にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ
にほんブログ村←よろしくお願いします。

「琵琶湖の北の湖岸に臨む長浜。古くは北陸と京都を結ぶ北国街道に位置し、人々の往来も多く、北陸の要衝としてにぎわいを見せたところである。

小谷山に小谷城を築き北近江に勢力を誇った浅井氏が、織田信長に攻められ落城。落城した小谷城の新たな持ち主になったのは木下藤吉郎、のちの羽柴(豊臣)秀吉である。

小谷城に入城した秀吉だが、山城だったため、政治経済の実権をふるうには適さないと考えた。当時「今浜」と呼ばれていた琵琶湖湖畔の地に新たに築城を開始。そうして完成した城が長浜城である。「今浜」の地名を信長の一字をもらって「長浜」に改めたのだった。

その後、天正13年(1585)、山内一豊が城主になったが、5年後に掛川城に転封。江戸時代になり家康の異母弟の内藤信成が長浜城主になって、次代は信正へと受け継がれた。しかし信正が高槻へと移封されると、長浜城は彦根藩領となり、一国一城令により元和元年(1615)に廃城となった」

日本名城紀行より
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jino0319.blog96.fc2.com/tb.php/68-c340fdb5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。